自宅で作る黒酢にんにくと市販のものとの違いはあるのか

市販のものとの違いはあるのか

自宅で自家製の黒酢にんにくを作ったけれど、その効果に違いは出てしまうのかという心配はありますよね。
数多く販売されている市販品を購入した方が良いのか迷うところ。
そのような違いはあるのか、またあるとしたらどのような違いがあるのでしょうか。

保存期間の違い

自家製の黒酢にんにくも長持ちします。
酢はもともと殺菌効果の高い成分ですので、その酢と共に密閉容器に保存されていれば大丈夫です。
ただしあくまで自家製のため、完璧に殺菌されているのかどうか、
また保存状態に損傷はないのかなど、判断しかねます。
そのため2週間ほどじっくり熟成させたら食べ始めた方が無難。1ケ月を目安に食べきった方が良いでしょう。
その点市販のものは半年以上長持ちするものが多く、保存可能な期間に違いがあります。

作業工程管理の違い

自宅で黒酢にんにくを作る際、容器を殺菌し、にんにくと黒酢を入れるだけという簡単工程でおしまいです。
市販の黒酢にんにくは洗浄・選別から始まりさまざまな検査や工程を得て商品化されます。
異物混入検査やさまざまな菌の検査、ISO規格に沿ったチェックも厳しく行っている企業もあります。
その点が自家製の黒酢にんにくと一番違うところかもしれません。

その栄養素に変わりはない

自家製黒酢にんにくと市販の商品とはその違いはさまざまありますが、
使用している原材料、にんにくと黒酢というところに違いはなく、それら原料に含まれる成分も同じです。
その成分によってもたらされる健康効果や美肌効果はどちらも同じように摂取することが出来ると考えて良いでしょう。
どちらの黒酢にんにくも黒酢とにんにくの美味しさを味わいながら、さまざまな効果を得ることが出来る健康食品です。