作るうえで気を付けること

作るうえで気を付けること

種類も豊富な黒酢にんにくが販売されていますが、やはり自家製が経済的であり美味しいという人が増えています。
そんな自家製にんにく作りにチャレンジする人に、作るうえで気を付けた方が良いことはあるのかを考えます。

にんにくの加熱は皮付きのまま

黒酢にんにくを作る際、にんにくは1房から1片ずつに分けて漬け込みます。
その際少し熱を加えることによって皮がむけやすくなるのですが、その際皮ごとラップに包み
レンジで加熱するようにおすすめします。
皮をむくことでにんにく特有の香りを助長させてしまいます。
加熱するとその香りの発生を抑えられる効果もあるため、皮付きのままの加熱がおすすめ。

しっかりと密閉出来る保存容器を

黒酢にんにくを保存する容器は、しっかりと密閉出来るフタ付きのものを選んでください。
容器の中で発酵・熟成させる際に違いが出てしまいます。
外部からの虫などの混入を防ぐためにも気を付けましょう。
ジャーサラダなどに使用する容器などは手軽な大きさでおすすめ。
例えばメイソンジャーの保存瓶はフタが二重構造になっていてしっかりと密封出来ます。

保存期間や保管場所に注意

黒酢にんにくを保存する容器は、しっかりと密閉出来るフタ付きのものを選んでください。
容器の中で発酵・熟成させる際に違いが出てしまいます。
外部からの虫などの混入を防ぐためにも気を付けましょう。
ジャーサラダなどに使用する容器などは手軽な大きさでおすすめ。
例えばメイソンジャーの保存瓶はフタが二重構造になっていてしっかりと密封出来ます。

保存期間や保管場所に注意

もともと酢には殺菌作用があり、また黒酢にんにくは酢の中で発酵・熟成させてその栄養素を閉じ込めるわけですから、
そんなに神経質になる必要はないと考えます。
ただし、とても暑い季節や直射日光の当たる場所での保存は、いくら密閉容器に保存しているとはいえ、
変質の原因にもなりますから、涼しい場所で保存しましょう。
そのような場所がなければ冷蔵庫の中が安全。
あまり置きすぎるのも良くないので、2週間ほどしたら食べ始めることをおすすめします。

黒酢にんにくの関連記事

>>>黒酢にんにくの作り方