自家製黒須ニンニク作成の工程

工程

手作り黒酢にんにくを作りたいという人に、簡単に作ることが出来る工程を説明します。
黒酢にんにくの作り方は難しくないうえ、この通りに準備と作業をすれば失敗することは少ないでしょう。
出来上がりを楽しみにチャレンジしてみましょう。

にんにくの下ごしらえ

にんにくは皮をむいて漬け込みます。
にんにくの皮をむく際、皮付きのまま1分から1分半程度加熱するとすんなりとむけます。
少し加熱することで、出来上がった時のにんにくの歯ごたえが良くなる利点もあります。
皮がむけたら片ごとに分けておきましょう。

容器を殺菌する

保存する容器をしっかりと殺菌します。
容器に菌が付いていると衛生的に良くないですし、虫が発生する恐れもあるのでしっかりと。
密閉用のフタも同じようにしてください。
体に害のない殺菌スプレーを使用するか、加熱しても大丈夫な耐熱容器などは、煮沸消毒でもOKです。
しっかりと乾燥させたら保存容器の準備は完了です。

黒酢ににんにくを漬け込む

用意する黒酢は初心者にも飲みやすい玄米黒酢が良いでしょう。
皮をむき小分けにしたにんにくを入れたら、そこに黒酢を注ぎます。
にんにく6片に対し黒酢が約200ml。使用するにんにくの量によって、黒酢の量も加減してください。
だいたい、にんにくがひたひたになる程度です。
甘味が欲しい人は砂糖やハチミツなどを使ってもOKです。

しっかりと密閉し保存する

漬けこみ作業が終わったらしっかりとフタをし、直射日光の当たらない涼しい場所に保存します。
この間、容器の中では熟成・発酵が行われます。
その過程でガスが発生する場合がありますので、数日間に1回程度フタを開けかき混ぜてください。
最低2週間、約1ケ月程度の熟成で美味しくいただけます。